Petr Nikl 『Jiné taje opic』

¥ 7,128

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※1回のご注文毎に送料864円が掛かります。

※10,000円以上のご注文で送料が無料になります。

Petr Nikl が描く世界の中心には、いつも生き物がいます。本書『Jino taje opic』(2017)と続く『Jiné taje opic』(2018)では、博物画のように精細に描かれた猿が登場します。よく見ると彼らは皆、AからZのアルファベットの形(チェコ語表記)をポーズしています。長い尻尾を生かしたアクロバティックな身体表現をこなす猿たちがとてもユーモラス。そして各章の始まりには、凛々しく美しい猿のポートレイト。多種多様な猿を紹介する動物図鑑のようなスタイルを用いながら、その実は「猿」というイメージの奥に広がる多様性と可能性を提示する、彼なりのフィクションなのだと思います。いつまでも飽きずに眺めてしまう、じわじわとくる面白さです。

著者:ペトルニクル
イラスト:Petr Nikl
年:2018年
フォーマット:300×300mm
ページ数:120

Petr Nikl
1960年、チェコ共和国、ズリーン市生まれ。
80年代から制作活動を始め、版画や素描を中心としたイラストレーション、
インスタレーション作品のほか、作詩や歌手活動、音楽と映像を交えたライブパフォーマンスなど
様々なジャンルを横断しながら創作活動をおこなう。そのテーマは毎回異なるが、共通して実在、または架空の生物が登場する。90年代から絵と詩による絵本を発表。デザインの自由度が高く、美しく装丁された本は、Nikl氏の表現手法の一つであり、アートブックとしても楽しめる。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

通報する